レビトラの利点と副作用について

男性の中にはEDといって勃起障害に悩まされている人がたくさんいます。
そのような中で薬の開発が行われ、2003年には。
ドイツのバイエルヘルスケア社からレビトラという新世代ED治療薬が開発されました。
このレビトラは、バイアグラの次に日本でも使うことができるようになったED治療薬として、2004年に厚生労働省の承認を受けて販売されるようになっています。
レビトラとはラテン語に起源をあり、男の生命という意味を持っています。
レビトラの利点と副作用については、国内の実験では、実に80パーセント近い有効率があることがわかっています。
したがってバイアグラが効かなかった人でもあきらめることはないのです。
またバイアグラよりも効果が高く、勃起の持続時間としては最大で8時間程度となっています。
また服用して15分から30分でその効果が現れます。
バイアグラと同じように、レビトラも性的な興奮や刺激を受けてその効果を発揮することができるので、必要なときに服用すると言うことになります。
しかしバイアグラと比較すると、併用をしてはいけない薬がたくさんあります。
たとえば硝酸剤や抗不整脈剤や降圧薬などです。
この他にED治療薬としては、ジェネリックのバリフやザイデナなどがあります。
バリフは陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめて、血流を良くすることによってED 原因を改善し、勃起を促しています。
服用した後に性的な刺激を受けることで効果を発揮しますが、服用から効果が出るまでの時間が短いのが特徴です。
そして長期間の服用でも、安定した効果を得ることができるのが大きな特徴です。
1日の服用は1回が原則です。
またバリフの服用間隔は24時間以上あけるようにします。
昨今では、病院だけに限らずバイアグら 通販またはシアリス 通販ショップからも処方箋なしで購入できますが、きちんと信用のおける通販ショップをご利用になることを推奨します。

↓ED治療薬ならこちら
ビリトラ